件が資料請求リストにあります

医療・福祉・教育

医療・教育・福祉の習い事は、少子高齢社会の流れを受けて需要が急増しています。医療系では医療事務、歯科助手、福祉系ではケアマネージャー、ホームヘルパー、教育系では保育士などが代表的。結婚後の女性でも働きやすい仕事が多く、人気を集めています。医療・教育・福祉は今後の日本でもっとも必要とされる分野です。これらの知識を学んだり、技術を身につけたりすることで、将来的に多くの人々の役に立つことができるはずです。

医療・福祉・教育の講座・レッスン

すぐ予約できる医療・福祉・教育の一回完結・体験レッスン

医療・福祉・教育に関する体験談

  • 作業療法士講座
    年齢
    28才 性別 男性
    私は脳血管障害の急性期と小児の発達障害を主に対象として現在仕事をしています。脳血管障害では全身状態が不安な状態の患者様が治療していく中で日々変化して快方に向かっていく様子を日々目の当たりにしており非常にやりがいを感じています。小児に関しては運動や知的面の問題をいかに学校生活や自宅での生活の中で周囲の人たちの支援を得ながら関わっていくべきか長い将来を考えていく必要もあり日々考えさせらることが多く作業療法士をやってみて良かったと感じています。
    4.0
  • 理学療法士講座
    年齢
    28才 性別 男性
    整形やスポーツなどの領域はリハビリの中でも理学療法士が特に専門性が高い領域であり、整形の知識が深まったことで現在働いている脳血管障害の患者様のリハビリをするにあたっても非常に応用することができています。
    4.0
  • 社会福祉主事講座
    年齢
    24才 性別 男性
    講座ではかつて大学で受けた授業を重なる部分があり、また講師の方の説明がかなり分かりやすいものであったこともあって、それを比較的楽しくストレスなく受けることができたというのが良かったことです。
    4.0