• TOP
  • 通信講座はじめてガイド
第1位 講座選びから修了後まで。これだけ知っておけば安心! 通信講座はじめてガイド 簡単!これを読めば納得!!
「続けられるか心配…」と、通信講座を敬遠していてはもったいない
今どきの通信講座は、いかに楽しく学び続けられるか、効率よく学習できるかなど、さまざまな工夫がされているのだ。
もちろん学習のサポートも万全。通信講座で学べる分野は増えており、受講をきっかけに転身を果たすことも夢ではない
ここではそんな通信講座の学習の流れを紹介しよう!
STEP.1
講座選び・資料請求
通信講座は種類が豊富。ペン字や習字、絵手紙といった定番ものから、資格取得、英会話、ネイル、メイク、フラワーアレンジメント、洋裁、Web デザイン、占い、ネット株といったものまで、
実に
さまざまな講座が揃っているのだ。きっと、あなたの興味ある講座もあるはず。
まずは、どんな通信講座があるのか調べてみよう。
最初から1講座に絞らず、複数の講座資料を取り寄せ、内容や受講料などを比較検討することが大切
主な通信講座の種類
フラワー・クラフト
フラワーアレンジメント、ブライダルブーケなどお花関連の講座や、トールペイント、ハーブ雑貨などクラフト系の講座もある。
教養
王道のペン字、書道から、俳句、短歌、古典文学などの講座もある。
また、お金の知識、マナー、速読など暮らしに役立つ講座も多い。
英語&語学
英会話はもちろん発音やリスニングを強化する講座などもある。 人気の韓国語、中国語、イタリア語、フランス語も通信で学習できる。
手に職スキル
ネイルやメイク、リフレクソロジーなどのプロ技術を学ぶ講座もある。
就職相談などバックアップ体制を設け、転身をめざす人に対応。
パソコン
ワードやエクセルなどビジネスソフトの使い方から、Webサイトの作成講座などもある。
疑問点を電話で聞ける講座が便利。
資格
簿記や行政書士、FPなど資格試験対策講座も充実。
とくに社会保険労務士や司法書士、税理士などの独立開業系の資格が人気。
医療・福祉
医療事務やホームヘルパー、保育士、介護福祉士などをめざす講座などがある。
実技はスクーリングで学んでいく。
次のステップへ
STEP.2
講座内容を チェックして申し込み
資料が届いたら、中身をチェック
教材やカリキュラムの内容、添削や質問システム、受講期間の延長ができるか、受講料などを確認すること。
申し込む前に教材を見てみたい、質問してみたいという人もいるだろう。
そんな人のために講座説明会やガイダンスを行っているものもある。フラワーやアロマなどクラフト系の講座では無料体験レッスンを実施していたりもするので参加してみよう。
なお申し込む前に教材を送ってくれる講座もあるが、ここで注意したいのは試した後の対処法。 まれに返品しないと申し込み扱いになってしまうこともあるので、 送ってもらう前に必ず確認すること。
次のステップへ
STEP.3
教材到着・ 学習スケジュールを たてる
教材は一度に届くものや、毎月学習分だけ送られてくるものがある。
教材の中には学習の手引き(ガイダンス)が入っており、質問の仕方やレポートの出し方など学習の流れが丁寧に書かれているので焦ることはない。
学習スケジュールの立て方、学習方法のアドバイスも載っているので、
それを参考に学習計画表を作ってみよう。
計画をたてる際のポイントは、一回の学習を自分ができると思う分量の8割程度で考えること
そうすれば学習ができない日があっても、十分取り戻すことができる。
次のステップへ
STEP.4
学習スタート
学習計画をたてたら、いよいよ学習開始。
今どきのテキストはイラストや図、写真がふんだんに使われ、
まったく知識がない人でも理解しやすい作りとなっている。講座によっては通学の講義、通信学生向けに収録した講義をビデオやDVD、Web上で見られるようにしているものもあり、これなら教室で授業を受けているような臨場感ある学習ができる。学習で分からないことがあれば電話やFAX、メールで質問しよう。メールでは24時間以内で回答してくれる講座も多い。
通信講座=孤独というイメージはもう過去のもの
どの講座でもインターネットで受講生同士が交流、情報交換できる仕組みを取り入れており、活用することで孤独感を解消でき、やる気を維持することができるのだ。
添削課題
通信講座では、学習の 理解度をチェックする ため課題添削がある。 課題用紙に解答を記入 して郵送やFAX すると、
添削された用紙が返送されてくるのがスタンダードな添削形式だが、講座の内容に応じて、作品の写真を送ったり、歌声や英語の発音を録音したテープを送ったりするケースもある。課題が返ってきたら、間違えた箇所を中心に復習しよう。 万一、課題提出期限に間に合わなかった場合、後日添削してくれることもあるので、 申し込む際に確認してみよう。
スクーリング
メイクやリフレクソロジー など実技が主体の講座では、 実際に先生から指導を 受けられるスクーリング がある

また、資格試験の合格などをめざす講座では、受講生を集めて、直前対策セミナーや時事問題対策、模擬試験を実施していることも。
より理解度を深められるだけでなく、学習のモチベーションもアップするので、積極的に参加してみよう

次のステップへ
STEP.5
講座修了
何度か課題を提出して、最後の添削が戻ってきたら、カリキュラム修了
最近では学んだ知識・技術を活かして転職をしたい、独立開業したいと希望する人のために、講座修了後のバックアップに力を入れているところが多い。スキルアップセミナーを開催したり、開業、就職・転職の相談にのってくれところや、求人情報の紹介、派遣会社への登録制度をもつところもある。
うまく活用して夢を実現させよう