介護福祉士の資格を取得してキャリアアップ!国家試験の合格率を高めるために知っておきたいこと

介護福祉士の資格を取得してキャリアアップ!
試験合格率を高めるためのコツをご紹介

介護福祉士の国家試験は、きちんと勉強していれば合格を目指せます。介護福祉士の資格を取得することで、資格手当がついたり、キャリアアップや転職の際にも選択肢が広がるなどメリットがたくさん。試験合格率を高めるためのコツをご紹介します。

ポイントをまとめると

  • 介護福祉士ってどんな資格?受験資格を満たすには?
  • 国家試験の対策は何をすればいいの?
  • 筆記試験に備えるには試験対策サイト「ケアトレ」がおすすめ!

介護福祉士ってどんな資格?受験資格を満たすには?

介護福祉士ってどんな資格?受験資格を満たすには?

介護福祉士は、福祉の専門知識と医学的な介護技術を持って、介護サービスを受ける方々の生活を支援するための国家資格です。

合格率は例年60%前後で、平成26年度に実施された試験では約15万人の方が受験されました。

■受験資格について

介護福祉士の資格取得には受験資格が必要です。受験資格を満たすには大きく分けて以下3つのルートが存在します。

  1. 1.実務経験ルート:働きながら3年以上の実務経験を積む
  2. 2.福祉系高校ルート:高等学校、中等教育学校で一定の教科を修めて卒業する
  3. 3.養成施設ルート:福祉系の大学や養成施設を卒業する

上記1の実務経験ルートでは、これまで実務経験3年以上で受験資格が与えられましたが、第29回(平成28年度)介護福祉士国家試験より実務経験に加えて「実務者研修の修了」が必須となります。

第28回(平成27年度)介護福祉士国家試験を受験する方は、確実に合格を勝ち取っておきたいですね。

国家試験の対策は何をすればいいの?

国家試験の対策は何をすればいいの?

介護福祉士の国家試験は、筆記試験と実技試験があります。

筆記試験は出題数は120問、総試験時間は210分です。出題分野ごとに得点があること、合格点に達していることが求められます。

実技試験の出題形式は、指定された介護のケース1題について、5分間の実技が行われます。介護の原則が守られているかを見られます。

働きながら受験を考えている方は、日々の限られた時間で筆記試験対策を計画的に進める必要があります。

筆記試験の対策には、過去問題集やWEBサービス、通信講座、通学講座など様々なものがあります。

学習が無理なく続けられるものを選ぶと良いでしょう。試験対策の目安は約3か月前から取り組む方が多いようです。

筆記試験に備えるには試験対策サイト「ケアトレ」がおすすめ!

筆記試験に備えるには試験対策サイト「ケアトレ」がおすすめ!

最近では、通勤途中や休憩時間などのちょっとした時間に勉強したいというニーズが高まっておりWEBサービスの人気が集まっています。

その中でも特にオススメしたいのが、
無料の介護福祉士試験対策サイト「ケアトレ」https://caretore.com/)です。

【オススメポイント】

  1. ●すべて無料
  2. ●過去3年分の「厳選」過去問題が解ける(詳しい解説付き)
  3. ●「毎日、スマフォで5分」 無理なく続けられるナビゲート機能
  4. ●予想問題で直前対策!

毎日コツコツと、コンスタントに勉強し続けることが介護福祉士の合格率を高めます。

「ケアトレ」を使って忙しい毎日のちょっとした時間に「介護福祉士」の試験対策を進めてみてはいかがでしょうか?

「ケアトレ」https://caretore.com/