資格取得の費用を賢くひねり出そう4 | ケイコとマナブ.net

学ぶお金の賢いひねり出し方

扶養控除/確定申告

納める税金は最小限におさえたい!知っておこう扶養控除の“壁”

イラスト

お金をひねり出すには、そもそも税金を払い過ぎないようにする方法もある。そのひとつが扶養控除だ。一般によく言われるのが“103万円の壁”だが、これは被扶養者の年収が103万円以下の場合、被扶養者は所得税を払う必要がなく、扶養者も所得税と住民税の配偶者控除を受けることができるというもの(控除額38万円)。また被扶養者の年収がさらに少なく100万円以下なら住民税も発生しない、逆に年収が130万円を超えてしまうと被扶養者は住民税・所得税だけでなく社会保険料も支払わなくてはならない(扶養者が会社員、公務員の場合)など、注意しておきたいポイントがある。たとえば年収129万円の場合、税金を引かれた後の金額は124万4500円。年収130万になると、実質の手取りはなんと110万5303円になってしまうのだ。扶養家族に入っている人・配偶者特別控除を受けている人でお小遣い稼ぎをしたいと思っている人は要チェック。

副業での稼ぎ過ぎに注意!20万円以上なら確定申告が必要

今の時代、本業での収入がダウンし副業を手掛ける人も少なくない。実は副業収入も課税の対象で、副業での所得(稼いだお金から必要経費を引いた金額)が年間20万円を超える場合は申告義務が発生する。申告をすることで納税額が増える人もいれば、源泉徴収分が戻ってくる人もいて、個人の事情によりさまざま。詳細は管轄の税務署で聞いてみよう。