自宅で資格、免許の取得が可能通信制大学特集

自分のスタイルで学ぶことのできる大学の通信教育は、仕事と学習を両立したい人にとってもありがたい存在。
でも、学べる内容が限定されてそう、孤独で挫折しそう…など、中身がよく分からなくて不安に感じている人もいるのでは?そんな不安を解消できる、通信制の仕組みや学習の流れを紹介!

通信制大学とは?

在宅で大学の教育が受けられる正規の大学教育課程。
必要な単位を修得して卒業すれば、通学制と同じように学士の学位が与えられる。

通信制大学で学ぶ最大のメリットは、時間的拘束が少ないこと。
出勤前や帰宅後、休日、あるいは通勤電車の中や仕事の空き時間など、自分のスケジュールで好きなときに学べるので、仕事と学習を両立したい人にはありがたい存在といえよう。

そのうえ、柔軟に学べる点も魅力。
通信制大学の在学可能な期間は、修業年限2~2.5倍程度。
つまり、まとまった学習が困難であれば、1年に15~20単位程度の取得を目標にして、6~8年で卒業することもできるのだ。

この他、通学制と同様に、希望する科目を選択履修できる聴講生や科目等履修生の受け入れもしているので、ステップアップのために必要な知識を身につけたり、教養を深めたりと、幅広く活用することができる。

入学から卒業までの流れ

入学書類を提出
書類選考 学力を審査するような筆記試験はなく、書類審査のみの大学が多い
入学
履修申請 各大学ではパンフレットなどを作成し、どの科目を履修したらいいかについてわかりやすく解説している
教材の配布 手続きを行うと、約1ヶ月弱で必要な教材や資料が届く。そうしたら、いつでも学習をはじめてOK
学習スタート
通信授業 印刷教材を使って学んだり、テレビやラジオなどの放送授業を受けて学習。課題に沿って作成したレポートを提出、添付指導を受ける。修了後、科目試験に合格すると単位修得となる。
面接授業(スクーリング) 教員より直接指導を受ける面接スクーリングと、インターネットなどを利用して指導を受けるメディア・スクーリングがある。レポート提出や試験に合格すると単位修得となる。
単位修得
総合面接試問 学位取得に適確であるかを、面接によって総合的に評価。
学習内容に関する質問もされる。
卒業論文 教員の指導を受けて卒業論文を作成する。
卒業論文を選択しなくてもよい大学もある。
卒業