1. 大学 大学院トップ
  2. 大学院[文・語学・宗教・歴史]一覧
  3. 國學院大學大学院 文学研究科  研究科・学科・プログラムTOP

國學院大學大学院文学研究科

検討リストに追加

学べる内容

神道と宗教

神道や現代宗教を通じて、日本人の宗教意識と文化の根幹などを考える

日本の古典学

上代から近現代まで日本・中国の「古典」を国際的視野で学ぶ

民俗学と口承文芸学

悠久の歴史をもつ非文字文化に焦点を当て基層文化の現代的意味を学ぶ

史学

原典・実物にあたり、徹底した史料批判の方法や資料の取扱法を学ぶ

博物館学

高度な博物館学芸員になるための知識と実技を身につける

試験科目

英語小論面接筆記書類
一般入試
社会人入試
※一般入試は、外国語(英・中)から母国語以外を選択

サポートチェック

奨学金制度給付・貸与とも独自の制度多数あり
経済援助あり学費延納制度等を用意
アクセスターミナルに近く、アクセス抜群
科目等履修制度春に募集あり
短期留学英国、カナダ、中国他に協定校あり

沿革・概要

長い研究・教育蓄積と実績をもつ伝統校。充実の研究環境を完備

2019年に創設137周年を迎えた國學院大學は、国内で最も歴史ある私立大学の一つ。1951年に創設した大学院も68年と長い歴史を持ち、神道学・宗教学、文学、史学の3領域で、専門性の高い教育・研究を推進している。修士、博士の学位は、何れも神道学、宗教学、文学、民俗学、歴史学の5分野を有し、多くの研究者や教育者、職業人を輩出。特に博士学位の授与数は、課程・論文博士とも人文系研究科としては全国でトップクラス。研究に必須となる図書館の蔵書数も全国屈指で、長い研究・教育活動のなかで、膨大な考古、神道資料を収集し、これをもとにした國學院大學博物館が開設され、実物資料に基づく研究が可能になっている。

研究科・学科・プログラムの特色

3専攻12コースの多彩な専攻・コース 様々な視点からの研究が可能

専攻は、神道学・宗教学専攻、文学専攻、史学専攻があり、神道学・宗教学専攻には、神道学、宗教学の2コース。文学専攻は、日本文学、日本語学、中国文学、伝承文学、高度国語・日本語教育の5コース。史学専攻は、日本史学、考古学、外国史学、美学・美術史、博物館学の5コースが設置されている。大学院進学希望者は、自らの研究課題に基づいて、12コースから選択して入学。入学後は、高度国語・日本語教育コースは、文学専攻内で複専攻ができ、博物館学コースは、文学研究科すべてのコースから複専攻ができるシステムをもち、職業につながる実践的なスキル・アップが可能となっている。

コース紹介

高度国語・日本語教育、美学・美術史、博物館学の各コースを設置

「高度国語・日本語教育コース」は、日本古典に高い学識を持つ国語教育の指導的教員、現代日本語の研究・教育に高い能力をもつ日本語教育の指導的教員の養成を目指す。「美学・美術史コース」は、「美学」を核として、広く「美術史」一般を視野に収めていくことを目指す。「博物館学コース」は、2009年度から文部科学省の大学院GPに採択され、海外博物館でのインターンシップなどを行っており、国際的な視野を持つ学芸員と博物館学研究者を養成している。上級学芸員の養成を目的として、國學院独自のミュージアムアドミニストレーター、ミュージアムキュレーターの資格認定を制度化し、時代の要請に応える人材輩出を目指す。

学べる内容

2019年度開講科目

祭祀研究/神社行政・管理研究/宗教哲学研究/仏教研究/キリスト教研究/神社教化研究/神社祭式研究/対照言語研究/日中古典比較研究/アジア文化比較研究/日本上代文学研究/日本中古文学研究/日本近代語研究/民俗学研究/伝統芸能特論/国語教育実践研究/教科書研究/第二言語習得論/応用言語学/日本古代史研究/日本中世史研究/歴史地理学研究/比較地誌学研究/地図学研究/東アジア史研究/日本考古学研究/環境考古学特論/史料学特論/美学研究/美学特殊研究/文化財学特論/史料管理学/地域博物館論/欧米博物館史特論/博物館関係法規特論/博物館経営特論/博物館教育活動特論/展示工学特論 など

在学生インフォメーション

在学生の内訳

前期課程
 男女比4:6、社会人割合10%
後期課程
 男女比4:6、社会人割合17%

同学調べ(2019年5月1日現在)

送付物

送付物パンフレット 6月以降発送予定
所在地東京都渋谷区東4-10-28(渋谷キャンパス)
アクセスJR・地下鉄・京王・東急各線渋谷駅から徒歩約13分または都営バス國學院大學前下車
問合せ先03-5466-0142(大学院事務課)ホームページはこちら

デジタルパンフレットを見る(無料)