1. 大学 大学院トップ
  2. 大学院[文・語学・宗教・歴史]一覧
  3. 神奈川大学大学院 歴史民俗資料学研究科  研究科・学科・プログラムTOP

神奈川大学大学院歴史民俗資料学研究科歴史民俗資料学専攻

検討リストに追加

学べる内容

歴史資料学

古代・中世史料学特論I・II、現代史料学特論I・II

民俗資料学

民俗宗教資料学特論I・II、民俗技術資料学特論I・II

非文字資料学

文化遺産資料学特論I・II、オーラルヒストリー特論I・II     他

試験科目

英語小論面接筆記書類
一般入試
社会人特別入試
※上記は博士前期課程

サポートチェック

奨学金制度給費生制度ほか各種給付型奨学金有
早期修了制度博士前期課程において1年で修了可
昼夜開講制度平日夜間・土曜のみで修了可能
長期履修学生制度最長4年間で計画的に履修できる

説明会・イベント情報

沿革・概要

歴史民俗資料を利用し、高度職業人および研究者の育成を目指す。

急速な国際化の中で、日本の社会や文化を正確に認識することが従来以上に要求されるようになった。歴史民俗資料学研究科はこうした社会に応え、日本における歴史学・民俗学の発展を背景に、新たな領域を開拓するため1993年に設置された。歴史研究や民俗研究の基礎には必ず資料が存在する。同研究科では、そうした資料の調査収集や、修復保存など適切に扱い活用するための十分な知識と技能、そして資料の性格を実証的に分析する力を身につけ、日本の社会や文化の特質を究明するための調査・研究能力を高めていくことを大きな目標にしている。

研究科・学科・プログラムの特色

豊富な資料と研究情報を活用できる環境

同研究科の教育・研究活動は、同学附設の日本常民文化研究所、非文字資料研究センターおよび国際常民文化研究機構と密接に連携して行われている。研究所は歴史と民俗について多彩な研究活動を行っており、大学院生はその研究会、研究調査に参加する機会も多い。また、自己の研究のために研究所の所蔵資料を利用することも可能。非文字資料研究センターでは、海外研究機関への派遣研究員制度や奨励研究制度を整えており、大学院生の国際的な調査研究活動の機会も充実している。また、学芸員資格や教育職員専修免許状([中学校]社会、[高等学校]地理歴史)の取得も可能。

サポート体制

学生一人ひとりにとって学びやすい学修制度

特定の学部に基礎を置かない同研究科は、同大学の各学部に所属する充実した研究スタッフを結集し、教育および研究指導を行っている。また、他大学からの進学者や留学生、現職の学芸員、社会人など、多様な学生で構成されているのも特長のひとつ。昼間に仕事を持つ学生も少なくないため、昼夜開講制度を導入し、夜間の授業履修を主とした場合も修了要件の単位修得ができるよう配慮しているほか、長期履修学生制度により、博士前期課程においては3年または4年をかけて学修するなど、多様な学修形態に対応している。複数指導体制やT・A(ティーチング・アシスタント)制度を導入するなど、指導体制も充実。

学べる内容

修士論文の一例

嘉永小田原地震の震災対応/日本中世における有印文書の研究/月経に対する身体的・心理的距離の調査研究-現代のケガレ意識-/日中掛け軸の比較-現代掛け軸形式を中心として-/津波災害と屋敷神の変容-宮城県気仙沼大島の事例から-/”担がれるキリスト”セニョール・デ・ロス・ミラグロスの祭礼行事と信心から見る存在意義への考察-群馬県伊勢崎市と神奈川県大和市におけるフィールドワークを中心に-/戦後横須賀における観光資源の変遷-軍港イメージの変化-/近代横浜における共葬墓地の形成と変容-久保山墓地を中心として-/「信仰」としての「資源」:現代社会における民間信仰の多元一体-中国広東省梅州市小桑村の公王爺を事例として-

在学生インフォメーション

2017年度入学者数

2017年度入学者19名のうち、外国人留学生は11名。

同大学院調べ

所在地神奈川県横浜市神奈川区六角橋3-27-1
アクセス東急東横線「白楽駅」または「東白楽駅」下車徒歩13分
問合せ先045-481-5661(代表)ホームページはこちら