1. 大学 大学院トップ
  2. 科目等履修で学べる学校一覧:経営・事業戦略・中小企業経営

科目等履修で学べる学校一覧:経営・事業戦略・中小企業経営

検索結果1-6件を表示しています(全6件)

  • 京都情報大学院大学 応用情報技術研究科

    経営・事業戦略・中小企業経営 京都情報大学院大学 応用情報技術研究科  :担当者写真 京都府

    経営学特論

    京阪出町柳駅より徒歩8分

    一般的なMBAコースで学ぶ経営学の基礎科目を統合的に学ぶ。ビジネスにおける共通言語である広範囲な基礎理論を学習し、総合的な判断力を養うことをめざす科目である。ビジネスゲームを通じて、ビジネス現場において直面する、複雑な問題解決に役立つ思考の方法とツールの提供も企図している。具体的には、(1)意思決定メカニズムや経営戦略(ディシジョン・ツリー、フローチャートなど)(2)人と組織のマネジメント(科学的管理手法、ホーソン実験など)(3)マーケティング、生産、販売、物流(ニーズ、ウォンツ、セグメンテーションなど)(4)アカウンティング、ファイナンス(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書など)を予定している。

    ●登録料:4万円(学期毎。前学期より継続して履修する場合は2万円) ●授業料:13万円 ●その他費用:なし ●募集時期:3月、9月(開講時期によって異なる) ●その他備考:週1回(90分)・全15週。年度、学期により開講科目が異なる。また、集中講義として開講される場合もある。各科目の募集人員は空席状況によるので、詳細は問い合わせを。
    学校の詳細を見る
    資料を取り寄せる
  • 日本工業大学専門職大学院 技術経営研究科

    経営・事業戦略・中小企業経営 日本工業大学専門職大学院 技術経営研究科  :担当者写真 東京都

    中小企業の成長とイノベーション

    東京メトロ/都営地下鉄線・神保町駅下車徒歩2分、九段下駅下車徒歩5分

    中小企業が抱える構造的課題を踏まえ、中小企業の「成長」、「イノベーション」に関する基礎的認識を深めるとともに、今後の中小企業のあるべき姿について考察する。授業では、中小企業に関する既往論文(中小企業論、ベンチャービジネス論等)、中小企業の成長事例とその要因分析、中小企業経営者のモチベーションと成長戦略、中小企業のグローバル化、中小企業の「成長」と「イノベーション」との関係性、中小企業支援施策などの視点から検討を進める。中小企業経営者及び後継者・幹部候補社員、起業者、中小企業を対象とするコンサルタント、中小企業支援機関に勤務する職員など中小企業に興味を持つ方に受講を薦めたい。

    ●登録料:3万円 ●授業料:12万円 ●その他費用:検定料5000円 ●募集時期:春学期(4月−7月)に開講。申し込みは開講約3ヵ月前から開講日まで。開講日等詳細は大学院事務室へ要問合せ。 ●その他備考:受講資格は4年制大学卒以上で3年以上の実務経験がある人。資格を満たさない人は事前審査あり。選考は書類選考のみ。また、修得した単位は正規課程に入学した際は入学後単位認定される(正規課程入学の場合、奨学金制度あり)。
    学校の詳細を見る
    資料を取り寄せる
  • 産業技術大学院大学 産業技術研究科 産業技術専攻創造技術コース

    経営・事業戦略・中小企業経営 産業技術大学院大学 産業技術研究科 産業技術専攻創造技術コース :担当者写真 東京都

    ■技術経営特論

    りんかい線「品川シーサイド駅」徒歩3分、京浜急行電鉄「青物横丁駅」徒歩10分

    同講義では、技術的な基盤を持ちつつ、実際に社会の中で製品やサービスを創っていく上で必要なマネジメントの領域を解説していく。特に、これまでに成功を収めてきた製品やサービスに関する企業や組織の活動に着目しながら、成功する開発行為のマネジメントや、産業や製品の特性による必要な知識を、できるだけ系統立てて説明していく。

    ●入学金:なし ●授業料:2万8800円(2単位) ●募集時期:年4回実施 ※出願時期、募集人員などについての詳細は要問合せ ●その他備考:【出願資格】日本の大学を卒業した人など(詳細は要問合せ) 【履修期間】1年間 ※次年度も引き続き履修する場合は、新たな出願は不要。修得した単位は、AIIT単位バンクに蓄積でき、正規学生として入学した際に活用可能
    学校の詳細を見る
    資料を取り寄せる
  • 大阪工業大学大学院 知的財産研究科 知的財産専攻

    経営・事業戦略・中小企業経営 大阪工業大学大学院 知的財産研究科 知的財産専攻 :担当者写真 大阪府

    知的財産マネジメント要論・特論

    大宮/JR大阪駅から大阪シティバス「中宮」下車すぐ 梅田/JR大阪駅から徒歩約5分

    「要論」では、企業経営の最大課題が国際的な競争力の強化へと変化する中、企業の知的財産活動を経営者の視点で学ぶことにより、事業を伸ばすための知的財産戦略とは何かを、実際の企業会計の経営数値とその知的財産の分析を通じて学ぶ。「特論」では、企業活動において知的財産経営戦略を実践するための組織体制、人材活用、社内規則、営業秘密の取り扱い、グローバルな出願戦略などの知的財産のマネジメントの仕組みを、実際のブランド、デザイン、研究開発、M&A戦略の事例の分析を通じて学ぶ。担当は大手企業で20年以上の知財経験を有する実務家教授。

    【科目等履修生】 ●入学金:なし ●授業料:7万円(1科目の場合) ●その他費用:検定料5千円 ●募集時期:出願期日/前期2019/3/14(木) 夏期集中講義・後期2019/7/31(水) ※出願期間や履修期間の詳しい日程は同大学院Webサイト(http://www.oit.ac.jp/ip/graduate/)へ
    学校の詳細を見る
    資料を取り寄せる
  • 関西学院大学専門職大学院 経営戦略研究科 経営戦略専攻(ビジネススクール)

    経営・事業戦略・中小企業経営 関西学院大学専門職大学院 経営戦略研究科 経営戦略専攻(ビジネススクール) :担当者写真 大阪府

    ケース比較から理論化する醍醐味を味わう「マーケティング戦略」

    大阪梅田/阪急梅田駅より徒歩5分 西宮上ケ原/阪急甲東園駅より徒歩12分

    アドバンスト科目のマーケティング戦略では、毎回2つのケースを比較分析する。まったく関係のない業界の2つの企業のマーケティング戦略のケースを比較すると、業界特有の課題を発見するだけでなく、そこから思いがけず共通したマーケティング戦略の課題を発見することに驚きを覚えることができる。また、2つの企業のケースを比較することによって、ケースからマーケティング戦略の成功要因や失敗要因を一般化・理論化する能力を向上させることも可能になる。本科目では、「ケース比較から理論化する」という知的醍醐味を味わうことができる。是非、講義に参加され、知的興奮を存分に味わっていただきたい。

    ●入学金:なし ●受講料:企業経営戦略コース8万円、国際経営コース10万円 ●その他費用:<出願検定料>新規14,000円、継続7,000円 ●募集時期:<春学期科目>3月初旬(予定)、<秋学期科目>7月中旬(予定)●その他備考:<選考方法>書類選考と面接 <授業回数>90分授業、週2回8週間 <開講場所>大阪梅田キャンパス
    学校の詳細を見る
    資料を取り寄せる
  • 産業能率大学  情報マネジメント学部  通信教育課程

    経営・事業戦略・中小企業経営 産業能率大学  情報マネジメント学部  通信教育課程 :担当者写真 通信制

    企画力を強化する

    東急東横線・大井町線「自由が丘駅」から徒歩18分またはバスで約5分

    新しいモノやシステムなどは「もっと何とかならないだろうか」「こうなればいいのに」といった個人の企画マインドから出発する。従って、ある問題や課題を自分のものとして消化することが何よりも重要と言える。そして、それをひとつの企画としてまとめていくときには、「何が達成・実現・解決できるのか」「どんな点で新しいのか」「実現するための具体的手段は示されているか」という3つの要件を備えていることが必要だ。同科目では、これら3つの要件を踏まえて、企画づくりの基本プロセスや、企画書づくりに必要な実践的なノウハウを学びながら、具体的な企画書を作成できるスキルを習得することができる。

    ●登録料:7000円 ●授業料: 5000円/単位(2単位科目は1万円、4単位科目は2万円となる)※テキスト代、リポート添削料、科目修得試験受験料を含む。 ●募集時期:2020/1/10〜4/30、7/1〜10/31 ●備考:1年間で履修できる単位数は32単位を上限とし、入学時に申し込みができる授業科目数は9科目を上限とする。10科目以上の受講を希望する場合は、入学後に追加受講の手続きが必要。
    学校の詳細を見る
    資料を取り寄せる
  1. 1

検索結果1-6件を表示しています(全6件)

このページのすべての資料をまとめて取り寄せる