ITビジネス戦略・情報セキュリティを科目等履修で学べる学校一覧 リクルートの大学&大学院.net

ご利用案内
資料請求リスト

科目等履修で学べる学校一覧:ITビジネス戦略・情報セキュリティ

科目履修のメリット | 科目等履修生とは?(用語解説)
通学制

京阪出町柳駅より徒歩8分

データベース管理特論

京都情報大学院大学 応用情報技術研究科

資料を取り寄せる

効果的なウェブビジネスを実現するためには、高品質・高性能のデータベース・システムを構築する必要がある。この科目では、まずデータモデリングに関する一般的手法から始め、基本的なリレーショナルデータベース(関係データベース)の基礎理論を学習し、その拡張形である種々のデータモデルを吟味する。次に、実際的なデータベース利用の諸手法を実習を通じて修得する。主なトピックスはSQLによるデータベースの管理と操作、拡張型SQL言語によるプログラミング、トランザクション処理、データウェアハウスとOLAPなど。演習での練習課題のほかにその応用としてプロジェクトを課す。

ITビジネス戦略・情報セキュリティ 京都情報大学院大学 応用情報技術研究科  :担当者写真 ●登録料:4万円(学期毎。前学期より継続して履修する場合は2万円) ●授業料:26万円 ●その他費用:13万円(実習料) ●募集時期:3月、9月(開講時期によって異なる) ●その他備考:週1回(90分×3)・全15週。年度、学期により開講科目が異なる。また、集中講義として開講される場合もある。各科目の募集人員は空席状況によるので、詳細は問い合わせを。 学校の詳細を見る
通学制

京阪出町柳駅より徒歩8分

業務の統合化とeビジネス

京都情報大学院大学 応用情報技術研究科

資料を取り寄せる

生産管理から販売管理、経理までの企業の経営に関わるすべてを統合した管理システム・ERP(企業資源計画)。このERPソフトウェアを実際に操作することで、競争優位を獲得する業務統合のあり方(eビジネスのあり方)を理解する。演習を通じて企業の構造とビジネスの仕組みの理解をめざす。なお同科目では、ベンダー資格【SAP認定ソリューションコンサルタントSAP ERP6.0 ビジネスプロセス統合】の受験も視野に入れている。

ITビジネス戦略・情報セキュリティ 京都情報大学院大学 応用情報技術研究科  :担当者写真 ●登録料:4万円(学期毎。前学期より継続して履修する場合は2万円) ●授業料:19万5000円 ●その他費用:6万5000円(実習料) ●募集時期:3月、9月(開講時期によって異なる) ●その他備考:週1回(90分×2)・全15週。年度、学期により開講科目が異なる。また、集中講義として開講される場合もある。各科目の募集人員は空席状況によるので、詳細は問い合わせを。 学校の詳細を見る
通信制

東急東横線・大井町線「自由が丘駅」から徒歩18分またはバスで約5分

情報解釈力を鍛える

自由が丘産能短期大学 能率科 通信教育課程

資料を取り寄せる

たくさんの情報を収集できるようになったのに比べ、収集した情報を上手に活用することは難しい。また、職場・家族・地域社会などの組織や共同体においては関係者を説得し理解・納得を得なければ、種々の課題解決は難しくなる。円滑なコミュニケーションで話を進めていくための基礎となるのが、的確な情報解釈力である。本科目では、社会人として情報を上手に活用するためのカギとなる情報解釈力の考え方を理解し、高め方を学ぶことができる。

ITビジネス戦略・情報セキュリティ 自由が丘産能短期大学 能率科 通信教育課程  :担当者写真 ●登録料:7000円 ●授業料: 5000円/単位(2単位科目は1万円、4単位科目は2万円となる)※テキスト代、リポート添削料、スクーリング受講料、科目修得試験受験料を含む。 ●募集時期:1/10〜4/30、7/1〜10/31 ●備考:1年間で履修できる単位数は32単位を上限とし、入学時に申し込みができる授業科目数は9科目を上限とする。10科目以上の受講を希望する場合は、入学後に追加受講の手続きが必要。 学校の詳細を見る
通学制

京阪出町柳駅より徒歩8分

情報セキュリティ/PKI

京都情報大学院大学 応用情報技術研究科

資料を取り寄せる

次世代の情報システムに必須の要素である、セキュリティの構築技法を修得する科目である。その学びの中心となるのが、PKI(Public Key Infrastructure)だ。PKIとは、本人確認と通信の暗号化という、2つの機能を備えた「証明書」を提供するセキュリティインフラである。インターネット上での様々な不正行為やコンピュータウイルスなどの脅威の実際を理解・解析し、対策としての技術・技法を学び、その安全強度や限界について考える。

ITビジネス戦略・情報セキュリティ 京都情報大学院大学 応用情報技術研究科  :担当者写真 ●登録料:4万円(学期毎。前学期より継続して履修する場合は2万円) ●授業料:13万円 ●その他費用:なし ●募集時期:3月、9月(開講時期によって異なる) ●その他備考:週1回(90分)・全15週。年度、学期により開講科目が異なる。また、集中講義として開講される場合もある。各科目の募集人員は空席状況によるので、詳細は問い合わせを。 学校の詳細を見る
通学制

りんかい線「品川シーサイド駅」徒歩3分、京浜急行電鉄「青物横丁駅」徒歩10分

情報社会の変革に必須の知識を学ぶ【ビッグデータ解析特論】

産業技術大学院大学 産業技術研究科 情報アーキテクチャ専攻

資料を取り寄せる

爆発的に増大する多様なデータを蓄積し、従来とは異なる視点、従来にはないデータを組み合わせることで、新たな知識を抽出して実世界への適用を図るための、ビッグデータ解析技術を学ぶ。データ特性の分析から解析原理の説明、解析結果の解釈方法について紹介。また、ビッグデータを生み出す原動力の一つであるSNSを対象とした、各種の解析方式と解釈方法について詳細な講義を行う。加えて、ビッグデータ解析処理で広く活用されている機械学修と、ビッグデータ処理技術のHaDoopを紹介。ビッグデータの結果解釈の例として、ランキングとリコメンデーション、集合知、データサイエンスを概説し、ビッグデータ全般の動向について理解を深めていく。

ITビジネス戦略・情報セキュリティ 産業技術大学院大学 産業技術研究科 情報アーキテクチャ専攻 :担当者写真 ●入学金:なし ●授業料:2万8800円(2単位) ●募集時期:年4回実施 ※出願時期、募集人員などについての詳細は要問合せ ●その他備考:【出願資格】日本の大学を卒業した人など(詳細は要問合せ) 【履修期間】1年間 ※次年度も引き続き履修する場合は、新たな出願は不要。修得した単位は、AIIT単位バンクに蓄積でき、正規学生として入学した際に活用可能 学校の詳細を見る
通学制

京阪出町柳駅より徒歩8分

ネットワーク特論・情報倫理

京都情報大学院大学 応用情報技術研究科

資料を取り寄せる

ウェブベース情報システムの構築に不可欠な、通信技術の知識およびネットワーク構築に関する様々な知識・技術の修得をめざす科目。セキュリティ管理や、情報を扱う上で考えるべき倫理的・法律的知識などについても学んでいく。上級SE、ウェブシステム構築技術者、システム統合コンサルタント、eコマース専門家、ITアーキテクトなどをめざす者にとって導入となる科目である。

ITビジネス戦略・情報セキュリティ 京都情報大学院大学 応用情報技術研究科  :担当者写真 ●登録料:4万円(学期毎。前学期より継続して履修する場合は2万円) ●授業料:26万円 ●その他費用:なし ●募集時期:3月、9月(開講時期によって異なる) ●その他備考:週1回(90分×2)・全15週。年度、学期により開講科目が異なる。また、集中講義として開講される場合もある。各科目の募集人員は空席状況によるので、詳細は問い合わせを。 学校の詳細を見る
通学制

りんかい線「品川シーサイド駅」徒歩3分、京浜急行電鉄「青物横丁駅」徒歩10分

ISO/IEC15408ベースの技術を修得【情報セキュリティ特別講義2】

産業技術大学院大学 産業技術研究科 情報アーキテクチャ専攻

資料を取り寄せる

セキュリティ機能を考慮し、ソフトウェア・システム開発の国際標準規格であるISO/IEC15408をベースにした、情報セキュリティ機能の実装および、保証(セキュアシステムの設計手法)について実践的な技術を修得する。授業では、ISO/IEC15408の歴史的な背景、フレームワークとともに、日本におけるITセキュリティ評価や認証制度について理解。また、ISO/IEC15408は、国際標準規格においては専門用語を多用し、セキュアな設計は形式言語的な構造を持つことから、専門用語を確実に理解して実践力を身につけるために、ケーススタディ中心の講義が行われる。さらに、講義毎に成績評価外の小テストを実施することで、着実に知識を定着させていく。

ITビジネス戦略・情報セキュリティ 産業技術大学院大学 産業技術研究科 情報アーキテクチャ専攻 :担当者写真 ●入学金:なし ●授業料:2万8800円(2単位) ●募集時期:年4回実施 ※出願時期、募集人員などについての詳細は要問合せ ●その他備考:【出願資格】日本の大学を卒業した人など(詳細は要問合せ) 【履修期間】1年間 ※次年度も引き続き履修する場合は、新たな出願は不要。修得した単位は、AIIT単位バンクに蓄積でき、正規学生として入学した際に活用可能 学校の詳細を見る
通学制

京阪出町柳駅より徒歩8分

生産システム工学特論

京都情報大学院大学 応用情報技術研究科

資料を取り寄せる

製造業においては、生産情報の流れから企業活動を把握することが重要である。この科目では、PLM(Products Lifecycle Management/製品ライフサイクル管理)の開発を視野に入れ、企業活動の戦略立案に関わる概念(製品設計、工程計画、生産計画・管理、利益計画と損益分岐解析など)を把握し、それに伴う情報通信技術を学んでいく。具体的には、講義内容に伴って発生する様々なデータ処理を演習形式で実践。線形計画法による生産計画、クリティカルパスと日程計画、統計データ処理による需要予測などに取組む予定だ。

ITビジネス戦略・情報セキュリティ 京都情報大学院大学 応用情報技術研究科  :担当者写真 ●登録料:4万円(学期毎。前学期より継続して履修する場合は2万円) ●授業料:19万5000円 ●その他費用:6万5000円(実習料) ●募集時期:3月、9月(開講時期によって異なる) ●その他備考:週1回(90分×2)・全15週。年度、学期により開講科目が異なる。また、集中講義として開講される場合もある。各科目の募集人員は空席状況によるので、詳細は問い合わせを。 学校の詳細を見る
通学制

りんかい線「品川シーサイド駅」徒歩3分、京浜急行電鉄「青物横丁駅」徒歩10分

開発基礎を学び実践力を身につける【オブジェクト指向開発特論】

産業技術大学院大学 産業技術研究科 情報アーキテクチャ専攻

資料を取り寄せる

オブジェクト指向によるソフトウェア開発の、concept phase(waterfall型開発でいう上流工程)での基礎と実践力を養う。オブジェクト指向型のシステム開発は、OMGとINCOSEが協力し、世界標準の工学フレームワークを制定。まず講義の前半で、オブジェクト指向に関する成り立ちと発展、プログラミング言語における利点、システム設計手法としての利用のされ方を理解する。後半では、オブジェクト指向型のモデリング言語としてソフトウェアエンジニアリング業界で広く活用されているUMLを利用し、前半で理解したモデリングとシステム・アーキテクチャへの展開方法を修得。さらに、世界標準の言語sysMLや、OPCAT、Capellaといったツールも紹介する。

ITビジネス戦略・情報セキュリティ 産業技術大学院大学 産業技術研究科 情報アーキテクチャ専攻 :担当者写真 ●入学金:なし ●授業料:2万8800円(2単位) ●募集時期:年4回実施 ※出願時期、募集人員などについての詳細は要問合せ ●その他備考:【出願資格】日本の大学を卒業した人など(詳細は要問合せ) 【履修期間】1年間 ※次年度も引き続き履修する場合は、新たな出願は不要。修得した単位は、AIIT単位バンクに蓄積でき、正規学生として入学した際に活用可能 学校の詳細を見る
通学制

京阪出町柳駅より徒歩8分

企業システム

京都情報大学院大学 応用情報技術研究科

資料を取り寄せる

企業活動の中心となる生産管理、販売管理、経理などの基幹業務のなかで、各々どのような情報が発生し、その情報がどのようにIT化されているかについての理解をめざす科目である。企業の管理システムの全体像を把握するために、生産計画から部品表、MRP、購買管理、在庫管理、原価管理、販売管理、物流管理、顧客管理、買掛金管理、売掛金管理、決算までのシステムの概要を講義する。またこの科目は、これら基幹システムを統合した管理システム・ERP(企業資源計画)を学ぶための前提知識となる。

ITビジネス戦略・情報セキュリティ 京都情報大学院大学 応用情報技術研究科  :担当者写真 ●登録料:4万円(学期毎。前学期より継続して履修する場合は2万円) ●授業料:13万円 ●その他費用:なし ●募集時期:3月、9月(開講時期によって異なる) ●その他備考:週1回(90分)・全15週。年度、学期により開講科目が異なる。また、集中講義として開講される場合もある。各科目の募集人員は空席状況によるので、詳細は問い合わせを。 学校の詳細を見る
科目等履修で学べる学校一覧:ITビジネス戦略・情報セキュリティ
資料を一括で取り寄せる