法律・知財・政策を科目等履修で学べる学校一覧 リクルートの大学&大学院.net

ご利用案内
資料請求リスト

科目等履修で学べる学校一覧:法律・知財・政策

科目履修のメリット | 科目等履修生とは?(用語解説)
通学制

地下鉄虎ノ門・神谷町駅徒歩8分

【知的財産マネジメント要論】基本を理解し実践できる力

K.I.T.虎ノ門大学院 (金沢工業大学大学院) イノベーションマネジメント専攻

資料を取り寄せる

本講義は、知的財産マネジメントに関する基本的事項について、豊富な事例に基づいて講義を行います。特に、メーカー等の技術系の企業における特許を中心とするマネジメントについて、理解を深めます。 なお、講義においては基本事項だけではなく、実際の事例や実務における留意事項、さらに授業内容に関するトピックスや研究成果等についも随時紹介していく予定です。

法律・知財・政策 K.I.T.虎ノ門大学院 (金沢工業大学大学院) イノベーションマネジメント専攻 :担当者写真 ●授業料:60,000円/1単位 ●その他費用:検定料10,000円 ●出願時期:一次募集2017年2/14(火)〜2/28(火)二次募集2017年5/9(火)〜5/23(火)三次募集2017年7/18(火)〜8/1(火)四次募集2017年10/3(火)〜10月17日(火)●出願資格:大学を卒業した者または本学大学院において、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、2017年3月31日までに24歳に達するもの。出願時に2年以上の在職経験を有する者。 学校の詳細を見る
通学制

大宮/JR大阪駅から市バス「中宮(大阪工大前)」下車すぐ 梅田/JR大阪駅から徒歩約5分

特許法・実用新案法特論

大阪工業大学大学院 知的財産研究科 知的財産専攻

資料を取り寄せる

「特許法・実用新案法特論I」では、知的財産制度のうち、とりわけ工業所有権あるいは産業財産権の中核をなす「特許法」について学修する。審査基準やそれに関連する事例を通して、その体系を詳細に学ぶ。「特許法・実用新案法特論II」では、特許権の取得およびその有効性の判断に不可欠な手続きである「審判・審決取消訴訟」などの実践的な手続きを掘り下げる。また、実体法上重要な特許要件にかかわる問題解決の手法を「前提となる発明の認定」「引用刊行物記載の技術事項(引用発明)の把握」「特許要件の判断手法」などの具体例を用いて理解を深める。担当は、特許庁で審査審判に約30年従事したベテランの教授。

法律・知財・政策 大阪工業大学大学院 知的財産研究科 知的財産専攻 :担当者写真 ●入学金:なし ●授業料:14万円(「特許法・実用新案法特論I」・「特許法・実用新案法特論II」の2科目計4単位) ※いずれか1科目の受講は7万円  ●その他費用:検定料5千円  ●募集時期:出願期間/前期※受付終了 夏期集中講義・後期8月1日(火)まで  ※出願期間や履修期間の詳しい日程は同大学院Webサイト(http://www.oit.ac.jp/ip/graduate/)へ 学校の詳細を見る
通信制

多摩モノレール中央大学・明星大学駅下車

“契約”って? など最も身近な法を基礎から学ぶ【民法1(総則)】

中央大学 法学部 通信教育課程

資料を取り寄せる

民法1(総則)は、民法の導入科目として、民法全体を理解するとともに、「民法総則」に関する諸制度、各条文の理解を深めることを目的としている。所有権、契約、相続問題などの身近な問題の最も基本となるルールを学べ、社会人としての高度な教養を身につけることも。また、各種資格試験に必要とされる、基礎的な知識を得られる科目でもある。さらに、同科目のスクーリングは、独自に収録・編集された授業コンテンツを、約2ヵ月の間に視聴する「オンデマンドスクーリング」でも受講可能。受講期間中なら、好きなときに、繰り返し視聴できるのが魅力だ(単位修得試験は、会場に出向く必要がある)。

法律・知財・政策 中央大学 法学部 通信教育課程  :担当者写真 ●登録料:1万5000円 ●授業料:2万円(科目履修料) ※オンデマンドスクーリングを利用する場合は受講料1万5000円 ●その他費用:審査料1万円、教科書料2000円(科目による。定額/1単位500円) ●募集時期:【4月登録】〜2017年5月31日(必着) 【10月登録】2017年8月1日〜11月30日(必着) ●その他備考:【受験資格】高等学校卒業と同等以上の資格を有する人 学校の詳細を見る
科目等履修で学べる学校一覧:法律・知財・政策
資料を一括で取り寄せる