1年以内で修了できる大学院とは?

仕事のブランクを最小限にしたい人向きの
1年制大学院、1年制コースが増加

大学院修士課程などの場合、標準修業年限は「2年」が一般的だが、最近では、「1年」で修了できる大学院も増えてきている。もともと標準修業年限が1年に設定されている「1年制大学院」もあれば、2年制コースと1年制コースの両方を用意している大学院、さらに、科目の履修の仕方や成績に応じて、1年や1年半といった期間で修了することを認めている大学院もある。社会人が仕事を辞めて大学院に通う場合、仕事のブランクが1年で済むのか2年になるのかでは大きな違いがある。できるだけ早くスキルアップして職場復帰や転職をしたい人には1年以内で修了できる大学院は最適だ。中には、1年制の夜間大学院もあり、その場合は働きながら1年で修了できる。
---

1年以内で修了できる大学院はこんな人向き!

  • 会社を辞めて1年間集中的に学びたい人
  • 2年の仕事のブランクは作りたくない人
  • なるべく早くキャリアチェンジしたい人
---
1年以内で修了できる大学院ガイド記事
 
line