精神保健福祉士の資格・免許がとれる大学、大学院(通信制・通学制) | リクルートの大学&大学院.net

ご利用案内
資料請求リスト

精神保健福祉士

アイコンの見方

こんな資格

精神障害者の社会復帰に関する相談援助を行う専門家
精神科医療機関や精神障害者社会復帰施設、保健所などで、精神障害者に対して社会復帰のための相談に乗ったり、援助を行ったりする専門家。1998年に施行された精神保健福祉法により登場した国家資格。現在、取得者の男女比は1:2程度で女性の活躍が目立つ。

取得までのプロセス

4年制の保健福祉系大学を卒業すると受験資格が得られる
受験資格を得る方法はいくつかある。1つは4年制の保健福祉系大学に入学し、指定科目を履修して卒業する方法。通信制でもOKだ。3年制の短大の場合は1年以上、2年制の短大の場合は2年以上の実務経験が求められる。ほかに専門学校で学ぶルートなどもある。

通信制
日本福祉大学 通信教育部 福祉経営学部
受験資格

精神保健福祉施設・機関等の現場実習を通し、精神保健福祉士として必要な知識や技術、関連知識を修得。「精神保健学」「精神医学」等の専門的科目の履修により、メンタルヘルスから生活支援までを含んだ、精神科ソーシャルワーカーとしての資質を養成する。

資料を取り寄せる
通信制
聖徳大学 通信教育部心理・福祉学部 社会福祉学科社会福祉コース・精神保健福祉コース・養護教諭コース
受験資格

【国家試験合格率 驚異の70.3%】多様化する福祉ニーズに応え、高度な知識・技術で支える社会福祉のプロを育成。実践力を修得する演習授業を多く設置。国家試験科目の対策講座などが充実し、合格率は70.3%!(37名中26名合格/第18回精神保健福祉士国家試験)

資料を取り寄せる
通信制
東北福祉大学通信教育部社会福祉学科
受験資格

必要単位の修得と、本学通信教育部の社会福祉学科卒業で受験資格の取得が可能。精神科病院や生活支援施設などで活躍するソーシャルワーカーをめざすための知識を習得できるカリキュラムを設置。また、演習などのスクーリングで、実践的な技術の修得もできる。

資料を取り寄せる
通信制
中部学院大学 通信教育部 人間福祉学部
受験資格

資格の取得に向けた体系的・合理的なカリキュラムと、苦手科目をなくし出題傾向の分析・要点整理を行う『国家試験対策通信講座』で、国家試験合格をバックアップ。2015年1月実施の国家試験では過半数以上が合格。

資料を取り寄せる
通信制
東京福祉大学社会福祉学部通信教育課程
受験資格

精神保健福祉士資格の指定科目を中心に、福祉・心理の科目をバランスよく学べる。国家試験対策講座も充実しており、毎年数多くの合格者を輩出している。また専門分野の優秀な教授陣も揃い、その授業は、実践的かつ充実した知識を修得できる内容となっている。

資料を取り寄せる

ページの先頭へ戻る