言語聴覚士の資格・免許がとれる大学、大学院(通信制・通学制) | リクルートの大学&大学院.net

ご利用案内
資料請求リスト

言語聴覚士

アイコンの見方

こんな資格

言語・聴覚障がいなどのリハビリに携わる

失語症や、発語器官の麻痺、言語発達の遅れなど、音声や言語、聴覚機能の障がいを持つ人に、リハビリテーションを行う専門家を認定する資格。コミュニケーション能力を回復、向上させるための訓練や指導、検査などを行う。活躍の場は病院やリハビリ施設、福祉施設など。

取得までのプロセス

医療・リハビリ系の大学で受験資格が得られる

言語聴覚士の資格を取得するには国家試験に合格することが必要。受験資格を得るには、大学・短大・専門学校の言語聴覚士養成を目的としたコースで学ぶのが一般的。大学では、医療、保健、リハビリ系の学部などに学科・コースが設けられている。一部の大学院でも受験資格取得は可能。


武蔵野大学大学院人間社会研究科人間学専攻(言語聴覚コース 2年制コース/社会人1年制短期コース)
受験資格

脳卒中などによる失語症や、発語器官の麻痺、言語発達の遅れなど、音声や言語、聴覚機能の障害を持つ人にリハビリを行う言語聴覚士。コミュニケーション能力を回復、向上させるための訓練や指導、検査などを行う。本コースでは2年間で受験資格が取得可能だ。

詳細を見る

ページの先頭へ戻る