認定心理士の資格・免許がとれる大学、大学院(通信制・通学制) | リクルートの大学&大学院.net

ご利用案内
資料請求リスト

認定心理士

アイコンの見方

こんな資格

心理学に関する基礎学力や技能があることを認定
心理学関連の仕事に就くために必要とされる基礎学力や技能が身についていることを日本心理学会が認定する資格。あくまで基礎力を認定する資格なので、心理学の専門職をめざす場合は、この資格をステップに臨床心理士などの資格をめざすことも多い。

取得までのプロセス

大学や大学院で心理学を学ぶことで取得できる
大学や大学院で心理学に関する所定の単位を修得し、卒業または修了すると無試験で認定される。学部・学科名や専攻名に「心理学」の名称がなくても、日本心理学会の認定を受けた科目の単位を修得すれば取得できるので、進学前に調べておこう。

通信制
東京未来大学 通信教育課程モチベーション行動科学部モチベーション行動科学科
資格取得

2年以内に資格取得も!文科省認可の大学通信教育。臨床心理、社会心理、教育心理などに加え、「モチベーション論」などビジネス心理学も専門的に学べる。高い単位修得率を実現する2セメスター・8ターム制、学習を支援するキャンパスアドバイザー制度も魅力。

詳細を見る
通信制
大手前大学通信教育部現代社会学部 現代社会学科
資格取得

認定心理士取得要件の「心理学概論」「人間関係論」「教育心理学」「心理学統計法」等、所定の科目を全て科目等履修生で受講OK。通信授業をeラーニングで学べるのも魅力。 必修スクーリングは2科目(6日間)、同学キャンパスの他、各スクーリング会場で開講。

詳細を見る
通信制
聖徳大学 通信教育部心理・福祉学部 心理学科臨床心理コース・家族心理コース・社会心理コース
資格取得

【臨床心理士への道も!】臨床心理、家族心理、社会心理の3コースで卒業と同時に認定心理士や心理相談員の取得可能。最短2年での取得も目指せる。卒業後、通学課程の臨床心理学研究科(臨床心理士第1種指定)に進むことで、臨床心理士受験資格取得も。

詳細を見る
通信制
武蔵野大学通信教育部 人間科学科心理学専攻
資格取得

認定心理士とは(社)日本心理学会が認定する心理学の専門家を証明する資格。人間科学科心理学専攻では所定の単位を修得して卒業すれば、編入(4年次編入学スタンダード心理学コース)の場合最短1年で資格申請ができる。

詳細を見る
通信制
人間総合科学大学人間科学部心身健康科学科(通信教育課程)
資格取得

こころ・からだ・文化の総合的視点から人間を理解できる認定心理士を目指す。社会人も学びやすいテキスト履修を中心に、スクーリングもほとんどがインターネットで受講可能だ。必要な単位を修得して卒業し、日本心理学会に申請することにより認定される。

詳細を見る
通信制
九州保健福祉大学通信教育部 社会福祉学部臨床福祉学科
資格取得

社会福祉学部臨床福祉学科は、社会福祉学と心理学を幅広く学べる充実したカリキュラムが特徴。所定の科目を修めて卒業すると、「認定心理士」の資格が取得できる 。卒業後は、臨床心理士指定大学院に進み、臨床心理士の資格試験に挑戦することも可能。

詳細を見る
通信制
東北福祉大学通信教育部福祉心理学科
資格取得

所定の科目単位を修得・卒業し、日本心理学会への申請で認定心理士資格取得可能。基礎科目の他「教育心理学」「発達心理学」「臨床心理学」「人格心理学」「社会心理学」「環境心理学」等から履修し、専門家として活躍するための知識・技術の修得を目指せる。

詳細を見る
通信制
京都橘大学健康科学部心理学科(通信教育課程)
資格取得

心理学の専門的な仕事をするために必要となる最小限の標準的基礎学力と技能を修得していると日本心理学会が認定する資格。正科生として入学し、所定の単位を修得後、申請することにより認定される。主な該当科目は、インターネットを利用して受講。

詳細を見る
通信制
東京福祉大学心理学部 心理学科通信教育課程
資格取得

こころの科学と臨床実践に加えて、社会福祉の援助・相談についても修得した、心理学のスペシャリストをめざせる。所定単位を修得して卒業すると、日本心理学会に資格申請が可能に。さらに、併設大学院(臨床心理士1種指定校)に進学して臨床心理士もめざせる。

詳細を見る
通信制
東京未来大学 通信教育課程こども心理学部こども心理学科
資格取得

2年以内に免許状取得も!文科省認可大学通信教育で「認定心理士」「小学校・幼稚園教諭一種免許状」を取得。子どもの心理を理解した教員やカウンセラーを養成。高い単位修得率へ導く2セメスター・8ターム制、学習を支えるキャンパスアドバイザー制度も魅力。

詳細を見る
通信制
中部学院大学 通信教育部 人間福祉学部
資格取得

認定心理士資格取得のための必須カリキュラムを、より深く・確実に学べるよう、学習順序に配慮。所定の単位を修得して卒業することで資格申請ができる。「福祉」と同時に「心理」についても学べる環境が用意されている。

詳細を見る

ページの先頭へ戻る