ママならではの視点ではじめる“ママ喜業”特集


  • TOP > 
  • ママならではの視点ではじめる“ママ喜業”特集
 

ママならではの視点ではじめる“ママ喜業”特集

2015年は「ママ喜業」が拡大の兆し!

“ママ喜業”とは、ママが自分の経験を通じて得た気づきをきっかけに、
次のママ世代が“喜ぶ”「ママならではのサービス」で小規模な開業をすること。
サービスを提供するママも、受けるママも、双方のママが喜ぶプチ開業です。

子供が小さくてお出かけできないママのための
「出張ネイルサービス」、忙しくてお誕生会などの
イベント準備ができないママのための
「キッズパーティプロデュース」など、
子育てママならではの視点をビジネスにした
“プチ開業”が今、トレンドになりつつあります。
自分のアイデアをビジネスにするために
スクールや講座で学ぶママも増えています。

ママの経験が武器になる!3つのポイント

ニッチなママニーズへの対応

子育てママのリアルなニーズは、ママでないとなかなか気づけないもの。
各家庭の事情や要望への細やかな対応も規模の大きい会社では難しいものです。
育児経験者ならではの気づきや等身大のサービス提供は
“ママ喜業”ビジネスならでは、といえるでしょう。

ママ友ネットワークで集客

ママ友ネットワークを集客に生かせるのも
“ママ喜業”のメリットのひとつ。
まずは仲の良いママ友をお客様に始めるパターンが
一般的です。
そして、ママ同士のコミュニケーションツールとして
今主流となっている SNSのクチコミ力を活用して、
大きな投資をせずにお客様を徐々に増やしていくママが多いようです。

ママtoママの安心感

「サービスの提供者がママだから、安心してサービスを受けられる」
そんな声を多く耳にします。 保護者会に行くのにどんなネイルのデザインなら目立たないかな?どんな服なら兄弟でシェアできるんだろう…
などママは初めての経験に迷うことがたくさん。
そんな時、子育てを経験しているママだからこその
気遣いやアドバイスが喜ばれるのです。
ママならではのサービスの安心感が、
ママユーザーからの高い支持を集めています。

自分もうれしい!ママtoママのビジネス

“ママ喜業”のメリットは、子育てを犠牲にすることなく自分のペースで
働けること。お客様も自分もママ同士なことが多く、生活サイクルが近いため、
仕事のスケジュールを合わせやすく、ワークライフバランスが取りやすいのです。
“ママ喜業”は、まさに子育てママにぴったりのライフスタイルと言えます。

同じママの悩みを解消できるやりがいも!
自分が子育てをしている時に欲しかったもの・サービスを提供し、後輩ママたちの子育ての不安を解消したり、生活を豊かにするビジネスには、 稼ぐこと以上の
やりがいと、大きな社会的意義があります。
“ママ喜業”あなたもはじめてみませんか。

ママ視点でプチ開業したママにインタビューしました
 
 

橋本さん

古川さん

 

鏡さん

堀さん