婚カツ・婚活女子必見!長く付き合える・価値観の合う相手に出会える2つの方法

  • TOP > 
  • 婚カツ・婚活女子必見!長く付き合える・価値観の合う相手に出会える2つの方法
6

目指せ大人の学生結婚! 長く付き合える≒価値観の合う相手に出会える2つの方法

学生時代から付き合って結婚するカップルは、共通の興味や趣味を持つパターンが多いですよね。そこで自分が興味ある ジャンルのスクール・講座へ行ってみると、価値観が合う人に出会えるかも。まさに“大人の学生結婚”!そこで恋愛エッセイ スト・潮凪洋介が、大人の学生結婚に成功したカップルへインタビュー!婚カツ女子にお役立ちのエッセンスをご紹介します!

今回は … 「ボクシングジム」で出会った2人の話

男性=35歳 女性=32歳


「出会ったきっかけ」から「交際まで」

化粧品会社に勤務する由香子さん(女性:仮名32歳)は、ボクシングジムで出会った彼とこの春にめでたく婚約成立!夏に式を挙げます。2人はボクシングジムの一般会員同士。練習や飲み会で顔をあわせるうちに意気投合し、自然な流れで交際開始!1年の交際の後、婚約に至りました。女性がボクシング?と不思議に思うかもしれませんが、最近ボクシングは一般の女性から人気のスポーツに変わりつつあります。

ジム入会のきっかけについて聞いてみると―― 「ダイエットとストレス解消のために入会しました。二の腕、腰のくびれ、ヒップアップに効くという噂を聞き体験レッスンにまずは行きました。」と由香子さん。夫の徹さん(35歳)の入会動機は「強い男でありたいと思ったからです。いざというときに大切な人を守りたいですから・・・」ちょっとワイルド。 2人がはじめて言葉を交わしたのは「初心者向けの合同練習」のとき。その後、ジムの忘年会で意気投合し連絡先を交換しあいました。さらに2人は練習の後に食事に行くようになり、休日にはジム所属プロ選手の試合を見に行ったりもしました。

「告白は僕からでしたよ。グローブをつけてじゃれあえる女性なんてそうはいないですからね(笑)刺激的で、ずっと一緒にいたいって思いました」と徹さん。 それに対し由香子さんはこう言います。「肉食系かつ筋肉系なだけでなく、実は知的な彼に惹かれましたね。草食系よりもガッツがあって、多少力づくな男が好きでしたから・・・彼はけっこう理想の人です」と由香子さん。それに対し「家で時々マイグロープとヘッドギアをつけて打ち合いごっこをします。もちろん僕が打たれ役ですけど(笑)さすがに外ではなかなかできないですね(笑)」と微妙に話題をそらす徹さん。

ここで由香子さんから婚活中の女性に向けて嬉しいメッセージが! 「ジムの練習生には元はやんちゃだったと思われる男っぽい面々が多いですね。あと体育会系っぽい男性と色白の草食っぽい男性も少しいました。男女比7対3から9対1でしたね。肉食男子との出会いを求める女子にとってはなかなか良い環境ですよ(笑)」
ボクサーの内藤選手とジム会員だった奥様との出会いもボクシングジム。女性からすれば出会いには効率的な場所なのかもしれません。

「価値観が合った」ポイント

価値観が合ったポイントはズバリ「格闘技好き」という部分。格闘技は自分がやるだけでなく、プロの試合を見るという楽しみ方あります。お2人の場合、一緒に観戦に行ったり、テレビで見たり一緒に盛り上がれた点が相性ポイントだったようです。「格闘技でカラダを鍛えると、本能的に研ぎ澄まされるんです。野性的な自信が身に着くというか・・・いつか子供が産まれたらキッズクラスに通わせたいです。」と徹さん。肉食系のスポーツによって結ばれた2人は、この先も元気でたくましい家庭を築いてゆくはずです。

ボクシングジムに行くメンズの理由・そのタイプとは?

男性本来の闘争本能を秘めた肉食系のメンズがボクシングジムを訪れます。一見おとなしそうに見える人でも“ガッツ”を内に秘めています。結婚適齢期の男性ともなればプロ志望は少なく「アマチュアの試合に出るため」「体を鍛えるため」「メタボリック対策のため」「ストレス解消のため」などを動機とするビジネスマンが大半。ジムの飲み会はやや激し目。ただし愚痴ったりデレデレする気の抜けた酔っぱらい男は少ない。ビシっとしたフェロモン系の20代~30代前半の男性もチラホラ。筋肉質の肉体派との出会いが期待できます。

ズバリ!ボクシングを学ぶメンズの狙い方は?

まずは、体験レッスンを受ける。次に入会し、初心者合同練習に参加する。顔見知りをつくり練習の後にみんなで食事に行く。さらにはジムの飲み会に参加したり、所属プロ(インストラクターを兼ねることが多い)の試合を見に行ったりして親睦を深める。仲良くなったら普通にデートを重ね、ある時点でマイグローブをお互いに買う。そのグローブを使ってじゃれあいを楽しみながら急接近!2人の世界をつくりあげて交際スタート。

動いてみよう
「ボクシングジム」で自分磨き&出会いも?

気軽に体験・見学できる「ボクシングジム」のお教室・講座を検索しよう!

僕が婚活女子を応援します!

恋愛エッセイスト
潮凪洋介 (しおなぎ ようすけ)

日本の恋愛文化の活性化を目指すべく、書籍執筆や雑誌コメントラジオ出演、DJ イベントや婚活イベントのオーガナイズを展開。 ヒット作では「男が大切にしたいと思う女性50のルール(三笠書房)」などがある。

最近では DJ PARTY 以外に仲間が広がるロハスイベント 「LOHAS EXTENSION http://hl-inc.jp/lohas/」をプロデュースし "Stylish なネオ婚活" の場を提供。

10代からのパーティプロデュースライフから生じる恋愛模様―そこから感じ取った "体験型リアルメソッド" を発信。 オフィシャルホームページ「Love Culture Movement」http://hl-inc.jp/

潮凪さんおススメ 働くメンズのタイプ別女性に求めるおケイコジャンル
家業を継ぐ若旦那系メンズが将来の妻に求めるスキル&資格

Webデザイナ-
彼の家業の商品やサービスを STYLISH な WEB デザインで顧客に認知するのはあなたの役目です!今からウェブデザインの知識を身につけましょう。

資料を取り寄せる
一流商社勤務メンズが将来の妻に求めるスキル&資格

書道
海外生活があるだけに、手紙や挨拶状を書くことが多いのが商社マン。夫から頼まれても良いように、美しい文字を身につけておきましょう。あなたの文字が“家の品格”を表します。

資料を取り寄せる
IT企業に勤める転職の達人メンズが将来の妻に求めるスキル&資格

映画・映像・編集
これからのウェブコンテンツは「動画」を含む“ヴィジュアルワーク”は外せません。彼の本業にせよ、自宅の副業にせよ、ハイスペックなアートワークができるように自分を磨いておきましょう。彼がたとえ忙しくても、仕事を通じて彼とつながっていられますよ。

資料を取り寄せる
妻に求めるワークライフバランスとは?

IT企業に勤める転職の達人メンズの本音とは?
詳しくはこちら