1. 大学 大学院トップ
  2. 大学院[MBA]一覧
  3. 早稲田大学ビジネススクール (大学院経営管理研究科)  研究科・学科・プログラムTOP

早稲田大学ビジネススクール(大学院経営管理研究科)

検討リストに追加

学べる内容

競争戦略

経営戦略を多面的に学び、勝ち残るための柔軟な思考法と実践力を養う

グローバルビジネス

グローバルな視点から広範な経営テーマについて課題解決能力を育成

マーケティング

効率的・創造的なマーケティング戦略策定の為の分析力と構想力の構築

ファイナンス

総合的ファイナンススキルを備えた財務・金融のスペシャリストを養成

人材・組織

「人材」と「組織」に焦点をあてて、効果的なマネジメントを研究する

試験科目

英語小論面接筆記書類
一般入試
※一次:筆記試験・書類審査  二次:面接

サポートチェック

平日夜間・土曜開講夜間主は平日18時50分~と土曜開講
アクセス至便早稲田駅は大手町駅から東西線10分
奨学金制度あり学内奨学金(給付)充実

説明会・イベント情報

沿革・概要

多様なニーズに応える充実したプログラム

働きながら学ぶ夜間主プログラムや、凝縮した1年間でMBAを取得する1年制総合、国際性を磨く全日制グローバル、財務・金融のスペシャリストを目指すファイナンスプログラムなど、多様な学びのスタイルを提供している。 
●全日制グローバル【2年制/日本語(4月入学)】【2年制/英語(9月入学)】
●1年制総合【1年制/日本語(4月入学)】
●夜間主総合【2年制/日本語(4月入学)】
●夜間主プロフェッショナル・マネジメント専修【2年制/日本語(4月入学)】
●夜間主プロフェッショナル・ファイナンス専修【2年制/日本語(4月入学)】
●MSc in Finance【2年制/英語(9月入学)】
●早稲田-ナンヤンダブルMBA【14か月/英語(7月末~)】

研究科・学科・プログラムの特色

アカデミズムと実践の融合

WBSは、経営幹部を養成する専門職大学院として実業界・学界の高い評価を受け、多方面で活躍する修了生を多く輩出する、国内でも有数規模のビジネススクールである。
最大の強みは、国内外で研究者として多くの実績を持つ教員と、実業界におけるトップリーダーの経歴を持つ教員、そしてその両方を兼ね備えた教員が在籍するバランスのとれた布陣で、理論と実践の融合を実現していること。
WBSでは日々現役ビジネスパーソンと世界各国からの留学生が机を並べ、業種や職種、世代や国籍の枠を超えて活発な議論を戦わせている。在学中に培ったこの貴重なネットワークとグローバルな視座は、卒業後も長く続く財産となるはずである。

MBAダブルディグリープログラムについて

早稲田大学‐ナンヤン理工大学(NTU)ダブルMBAプログラム

教育研究水準に定評があるシンガポール国立ナンヤン理工大学(NTU)と本学で学ぶ約1年間の集中プログラム。大きな特長は両校の学位を同時に取得できるダブルMBAである点だ。NTUのナンヤンビジネススクールは世界MBAランキングで常に上位に名を連ねるトップクラスのビジネススクールで、アジアでは3番目にEQUISとAACSBの両方から認証を受けている。
国際的にも有用なネットワークをシンガポールと東京の双方で構築でき、学費等もリーズナブルなプログラムである。企業の参加を得た実践的なカリキュラム構成も魅力の一つ。120名にのぼる修了生は有能なグローバル人材として、主にコンサルティングファームや多国籍企業で活躍している。

学べる内容

授業科目の一例

経営戦略/マーケティング/財務会計/企業データ分析/管理会計/アントレプレヌールシップ/技術・オペレーションのマネジメント/競争戦略のフロンティア/ビジネスモデル研究/マネジメント・ゲーム/企業提携戦略/経営者の意思決定/グローバル人事管理/組織デザイン/ビジネスコーチング/顧客関係マネジメント/マーケティングリサーチ/消費者行動論/M&A戦略/コーポレート・ファイナンス/デリバティブ・モデリング/IT戦略マネジメント/新製品開発マネジメント/不動産とファイナンス

在学生インフォメーション

社会人経験者の比率

9割以上

同大学院調べ(2019年現在)

送付物

送付物[送付物]送付開始時期(予定):7月下旬
所在地東京都新宿区西早稲田1-6-1
早稲田キャンパス11号館
アクセス東京メトロ東西線「早稲田」駅から徒歩5分
問合せ先03-5286-8719ホームページはこちら

デジタルパンフレットを見る(無料)